Boehringer Ingelheimは、法規制情報管理にEnnovプラットフォームを採用

February 8, 2019

headquarters ingelheim rim ennov

法規制情報管理市場を包括的に検討した結果、Boehringer Ingelheimは、ヒトと動物の両分野におけるグローバルなRIMのニーズに対して、Ennovプラットフォームを選択しました。

Ennovプラットフォームは、ユーザー・エクスペリエンスとビジネス・アーキテクチャーのカバー率で第1位に選ばれました。また、Ennovは、会社のビジョンやロードマップなどの分野でも高い評価を得ています。

EnnovのCEOであるOlivier Paris氏は、この新しいパートナーシップを歓迎し、「Boehringer Ingelheimとこの重要な取り組みを行う機会を得たことを誇りに思うとともに、このような高い評価を得ている企業との長期的な関係の成功を期待しています」と述べています。

Boehringer Ingelheimは、Ennovの戦略的なライフサイエンス分野の顧客として、業界をリードする統合された規制情報管理プラットフォームの進化を共に推進しています。

Ennovについて

フランスのパリに本社を置き、イギリスとアメリカに支社を構えるEnnovは、20年以上にわたり、文書およびプロセス管理のための、革新的で強力かつ使いやすいソフトウェアを開発してきました。

Ennovは、150社以上のライフサイエンス分野の顧客と500社以上の総顧客から得た知識とベストプラクティスを活用して、品質、医薬品安全性監視、臨床操作、法規制関連業務など、ヘルス&ライフサイエンス分野に特化したソリューションを設計・構築しています。

Ennovについての詳細は、www.ennov.comをご覧ください。

Boehringer Ingelheimについて

Boehringer Ingelheimは、1885年に設立された同族会社で、製薬業界の上位20社に入る企業です。約5万人の従業員が、ヒト用医薬品、アニマルヘルス、バイオ医薬品の3つの事業分野で、日々イノベーションによる価値を生み出しています。2017年、Boehringer Ingelheimは約181億ユーロの純売上高を達成しました。30億ユーロを超える研究開発費は、純売上高の17.0%に相当します。

Boehringer Ingelheimは、家族経営の企業として、世代ごとに計画を立て、長期的な成功を重視しています。そのため、弊社は、研究におけるパートナーシップや戦略的提携にも積極的に取り組むと同時に、自社のリソースによる有機的な成長を目指しています。Boehringer Ingelheimは、すべての活動において、人類と環境に対する責任を当然のことながら果たしています。

Boehringer Ingelheimに関する詳しい情報は、www.boehringer-ingelheim.comをご覧ください。

Share :

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

Register to access to our exclusive private library!

ハイライト記事

最新記事